読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gigi’s diary

白い壁を眺めるのが疲れたら書くブログ

昨日のお酒

f:id:gigi27:20160930112026j:plain

飲酒後はラーメンやら塩っけの強い汁物が食べたくなりますけど、「そば茶」はそれに匹敵する欲望を満たし且つ、水代わりにもなりクールダウンが出来ます。冷たくて美味しくってごくごく飲んで、飲み終わった頃には酔いが覚めている。ケミストリー!Lシステインを飲んで無くても、朝すっきりしてました。ありがたいありがたい。注意しなければならないのは、素面のときに飲みまくって味に慣れてはいけないということ。これからの飲酒シーズンは、そば茶様とともに過ごそうと思います。

ちなみに昨日の飲酒物は、今年初めての日本酒でした。残るほうなんですけど、そば茶のおかげで!この通り。

 

まあそれとは別に、昨日の飲酒の席なんですけどなんか腑に落ちかなかったですよね。面白い面白くないとか、喧嘩したとか悪口ばっかり、気に障る何かを言われたわけでもない。なぜかいつもと飲酒後の精神的疲労感というか、罪悪感(誰に対しての?)ですけどそれが就寝を邪魔するほど纏わりついたわけです。3回ほど「なんで行ってしまったのか…」とハッと覚醒してウーンと落ち込む。飲酒した相手に非はないです。そして一日が過ぎ今となってはどうでもいい感じなんですけどね。なんだか、あそこまで何か分からないものに苛まれるとは、ちょっとドラマティック過ぎてお酒との向き合い方を考えなければならないかもしれません。ウーン。

 

そんな悩みを抱えつつ、今年一番「は?」と思った事があったんですよ。それは昨夜の3度目の覚醒後に見た夢。まず私は夢は脳の記憶の整理と聞いたので、大体夢で再生されている映像はココ最近振り返れば見たり聞いたり感じたことが反映されてます。そして「夢だな~」と夢の中で理解して、気になった夢は「夢占い」を見て、ほーんとか思っているわけです。で、今回見た夢はですね、夢の中で私は吐いたわけですよ。酔って気持ち悪くてという流れではなく、吐き終えたシーンから清々しく再生。そして吐瀉物を見ると、青くきらきら発光している生きたイカが2匹。「え、イカ!?」と思いましたよ。イカ好きでもないですし、食べてもない。何かお刺身を食べたときに、イカの赤ちゃんがのっかてて、胃の中で大きくなっちゃったのかな?脳はどこからイカを吸い上げたんだ?となって、夢の中で脳の記憶を辿りながら「起きたら夢占いだな」と考えていたわけです。結局夢の中でも分からず、起きて昼ぐらいに思い出してググるわけです。そうしたら、吐く夢は基本体調が悪いときに見る夢らしいので、体をいたわってくださいと書いてました。本当、「は?」って感じですね。イカの存在感に圧倒されてましたが、岩明均のミギーっぽいやつも一緒に吐いてましたね。あれもなんだったんだろう。小説は除いて、他人の夢の話ほど読んでてつまらないものはないですよねえ。ごめんなさいねえ。