読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gigi’s diary

白い壁を眺めるのが疲れたら書くブログ

アイドル

以前ブログでファミラジの話を書きました。

gigi27.hateblo.jp

数日後の本日。担当している欅坂48が元気な人たちになってました。良かったです。彼女らが日本の男性を魅了するアイドルなわけで、象徴なことですよね。勉強になります。

ブログの病室組の子らの魅力について、男性に聞いてみたところ「ぱるるの塩対応が流行ってるからじゃない?」と言ってました。塩対応というのは悪ではなく、良い意味で使われてるんですよね?「ぱるるは握手会では塩だけど、歌ってる時が超ォ可愛い!ギャップ萌え」…言葉のチョイスがいささか古い感じがしますが、そうゆうことですよね。アイドル=元気、な私はきっと古いし、王道ではなくジャンル化されたのでしょう。明菜ちゃん時代の対応とか知らないしなあ~。しみじみ男の人の文化なんだなと思います。よって女性で「AKBとかアイドル好きなんです!」って人は、ちょっと特殊だと思うので、研究家として名乗っても私は異論はないです。男性を知るということは、DMMのアダルト動画のジャンルの多さを一つ一つ受け入れる事から始まりますからね。これは、とても難しい学問です。

youtu.be

「なぁーんてね」(1:38)のキラッとした顔が、超美人ですね。美人や子供は本当キラッとするから凄い、神様のいたずらでしょね。

既婚者の優しさ

f:id:gigi27:20161004100111j:plain

私は三十路を超えた独身女です。結婚に関して勘違いしていたので、簡潔にメモとして書きとめよう。

知り合いの既婚者に「なぜ結婚を?」と聞くと、「しないとするなら、するほうを選ぶ」とよく聞きます。私はしないほうを選んできました。願望も、「してもいいよ」と言われてもする「今はいい」と断ってきました。憧れや、税金とかそうゆうものに惹かれる要素はない。なぜ人が結婚するのか分からないわけです。損得もしないんだったら、なぜ「する」を選ぶのか…?

さてそこで連日の不倫報道を見るたびに、社会的契約は仕方ないにしろ、心まで縛られるとマイナスな部分が多いのではないかと思ってました。「アア、結婚とはアホシステム!」とさえ思ってましたが、これは飛んだ大違いだった。裏を返せば、結婚すると、その人を契約の名の下にお互いの手を溶接できるわけですね。私は今まで「したくない。するほうがどうかしてる」ていうのは、今まで溶接したい人に出会ったことも求婚されたこともないわけですね。もうね、ノックアウト。結婚してる人に対して、失礼な質問をようしてたもんだ。既婚者は幸せものじゃん!!「しないとするなら、する」をそりゃ選ぶわな。と思ったわけです。この質問をする度に、妙齢の独身者に気遣いをしてくれてありがとうとボーッとした頭で思うであります。結婚したい人=溶接したい人なのであった。

それなら良いけど

また父の話。父は実家には住んでおらず、長屋で暮らしている。長屋の作りは一階が土間になってて入口はガラスの引き戸が多い。そういうわけで、こないだぶらりと長屋の前を通ったら父が土間で料理をしていた。キッチン自体あるものの、土間にガスコンロを置きすごい火力でおでんを煮ていた。チリチリチリチリー!鍋がなってるから笑ってしまった。話し込んでいると面した国道に幼稚園バスが止まった。幼児に向けて父は手を振る。幼児は目線を送るも冷ややかなに無視。「パパ、誰も見てないよ」手を振り続ける「見てろ、一人が振り返せば全員やるんだ」と言ってると、少し悲しげな顔をした女児が手を振り始めた。すると周りの子達も真似してクスクスと笑いながらみんな手を振り始めた。きっとバスの中では「へんなお爺ちゃんがいるー」って雰囲気で盛り上がってそうな感じ。寂しげなあの子も、埋もれてしまっていた。最後に先生まで手を振ってくれて、信号が変わりバスはかえっていった。昔はこうゆう爺様がよくいたっけなと思いました。父らしい。

またその件で笑った後に、半野良で飼ってた猫が最近帰ってないと言ってた矢先、知らない首輪をつけて3日ぶりに父の前に現れたそう。近くの蕎麦屋の裏で生まれて引き取ってから四年くらい。「どっかの家猫になっちゃったのかね、小さい頃から見てたから寂しいね」というと、「それでも俺を忘れるなって会いに来たし与太郎(猫の名前)らしい。それに家猫になれば長生きするし、それでいいんだ」と言ってました。父は素直にそういう人だけど、私はなんだか勝手に寂しくなりました。猫にもそうゆう気持ちがあるなら、父にまた会いに来て欲しいです。私も父と一匹に会いたいです。

f:id:gigi27:20161017031851j:image

日本語

f:id:gigi27:20161010144630j:image

自分の立ち位置がいいと、人を傷付ける言葉を言ってしまう場合があります。「言っちゃったな〜」と後から思い出して反省して、弁解エゴイストして謝罪するという流れが上半期振り返ると2度ありました。こんなもんストーカーの「会いたい」心理と一緒で最低なのですが。

弁解すると相手は「そんな事言ったけ?」「気にし過ぎ」と笑われたりしますが、優しい人に囲まれております。額面通り受け取れるわけなく、ますます反省。なぜ、こんな事を言ってるかというと3度目かなって事があって。相手に申し訳ないなあ。

言葉の話をすると、最近日本語ラップを聞いてみたら凄くポジティブな歌詞ばかりで驚きました。元気がでるもんですね。今までは、邦楽といえばテクノポップやらが多くて歌のテーマがよう分からんのが良かったのですが、新たな発見ができて良かったです。関連のインタビュー読んでも、ヒップホップ界隈は狭いのか色んなバンド?のラッパーの名前や、横文字の音楽用語が多くてサッパリ分からないけど、仲良かったり、歌で喧嘩してるしなんかいいなぁと思いました。本業の中で完結しようとしてる感じがいいですね。私が今までは日本語ラップが苦手なのか考えると、「テメー」とかちょっと荒い言葉が多いからなんだなと思いました。今でもそうですけどね…

ママとお茶してきな

f:id:gigi27:20161007145012j:image

とある冒険家の写真

 

「あ、かっこいいオジサンがいるな」と思って見てたら父だった。父には珍しくラッパーよろしく的なフーディを着ていた。「それ、どこで買ったの?」「ママが買ってくれた」「いつ?」「わからん」「欲しいって言ったの?」「ううん」と言って私にチェキラッぽい冒険家のポーズをしてきた。黒いキャップもかぶってて、父は若者にカブレてるおじいさんそのものだった。そのあと母に聞いたら「うーん、買ったっけ?」だって。高齢化社会脳トレのため次回までに思い出してねって言ったけど、もう忘れてそうです。

ちなみに私は、写真の冒険家のファンなんですけど、家も都内なのでDJやってるとチャリを飛ばして夜中の三時くらいに渋谷の街に行くわけですね。目当ての冒険家を見て踊って、4時過ぎには帰る。そんな最近を送ってるよと久しぶりにあった友人に言ったら「ジャーナリストじゃん」と言われました。さながら、ですね。

名前を覚えてくれない

f:id:gigi27:20161003230627p:plain

君の名は。は観ていないのですが、ツッコミ祭りをよく見かけます。シン・ゴジラはその点比べるとあまり盛り上がってないように思います。ゴジラって存在にツッコミが9割いってもおかしくないのですがねえ。私は、シン・ゴジラ、サイコーと思っています。にしても、映画をちゃんと見るようになってから、みんな映画好きなんだなあと思いました。そして頭良くないと見てても損しちゃう感じがします。私はお頭テンテンなので人の意見を聞かないとシーンの理解が出来なかったりします。上等な娯楽です。今、映画ブームですか?それとも前からでしょうか。映画はいいものです。1800円は高いけど、エンドロールを見るたびに高いだけあるなと、申し訳なく思ってきたりします。それだけの思いが詰まってると思うと、ね。

名前に関して、私は自分の名前を覚えてもらえません。キミだったり、一文字間違えてたり、適当だったり・・・。結構仲良くさせてもらってると思いきやこれやられると悲しいものですよね、ですよね!

www.youtube.com

 ニューハーフのショーパブでこの曲に合わせて踊る踊り子を見て、涙した。美しかったな~。

昨日のお酒

f:id:gigi27:20160930112026j:plain

飲酒後はラーメンやら塩っけの強い汁物が食べたくなりますけど、「そば茶」はそれに匹敵する欲望を満たし且つ、水代わりにもなりクールダウンが出来ます。冷たくて美味しくってごくごく飲んで、飲み終わった頃には酔いが覚めている。ケミストリー!Lシステインを飲んで無くても、朝すっきりしてました。ありがたいありがたい。注意しなければならないのは、素面のときに飲みまくって味に慣れてはいけないということ。これからの飲酒シーズンは、そば茶様とともに過ごそうと思います。

ちなみに昨日の飲酒物は、今年初めての日本酒でした。残るほうなんですけど、そば茶のおかげで!この通り。

 

まあそれとは別に、昨日の飲酒の席なんですけどなんか腑に落ちかなかったですよね。面白い面白くないとか、喧嘩したとか悪口ばっかり、気に障る何かを言われたわけでもない。なぜかいつもと飲酒後の精神的疲労感というか、罪悪感(誰に対しての?)ですけどそれが就寝を邪魔するほど纏わりついたわけです。3回ほど「なんで行ってしまったのか…」とハッと覚醒してウーンと落ち込む。飲酒した相手に非はないです。そして一日が過ぎ今となってはどうでもいい感じなんですけどね。なんだか、あそこまで何か分からないものに苛まれるとは、ちょっとドラマティック過ぎてお酒との向き合い方を考えなければならないかもしれません。ウーン。

 

そんな悩みを抱えつつ、今年一番「は?」と思った事があったんですよ。それは昨夜の3度目の覚醒後に見た夢。まず私は夢は脳の記憶の整理と聞いたので、大体夢で再生されている映像はココ最近振り返れば見たり聞いたり感じたことが反映されてます。そして「夢だな~」と夢の中で理解して、気になった夢は「夢占い」を見て、ほーんとか思っているわけです。で、今回見た夢はですね、夢の中で私は吐いたわけですよ。酔って気持ち悪くてという流れではなく、吐き終えたシーンから清々しく再生。そして吐瀉物を見ると、青くきらきら発光している生きたイカが2匹。「え、イカ!?」と思いましたよ。イカ好きでもないですし、食べてもない。何かお刺身を食べたときに、イカの赤ちゃんがのっかてて、胃の中で大きくなっちゃったのかな?脳はどこからイカを吸い上げたんだ?となって、夢の中で脳の記憶を辿りながら「起きたら夢占いだな」と考えていたわけです。結局夢の中でも分からず、起きて昼ぐらいに思い出してググるわけです。そうしたら、吐く夢は基本体調が悪いときに見る夢らしいので、体をいたわってくださいと書いてました。本当、「は?」って感じですね。イカの存在感に圧倒されてましたが、岩明均のミギーっぽいやつも一緒に吐いてましたね。あれもなんだったんだろう。小説は除いて、他人の夢の話ほど読んでてつまらないものはないですよねえ。ごめんなさいねえ。